2020年02月05日

仏教行事 『 涅槃会(ねはんえ) 』

今日はお釈迦様がお亡くなりになった日に行う涅槃会(ねはんえ)を少し早めに行いました。(本当は2月15日が涅槃会です。)
↓涅槃図
涅槃会2019-1.jpg
↓手を合わせ、背筋を伸ばして、「おねはんえのうた」を歌っています。
涅槃会2020-1.jpg
涅槃図を前に全園児でお参り・お焼香をした後、お供養として一人ずつに「 花御供(はなくそ) 」が手渡されます。
↓涅槃図の中に描かれている「純陀長者」が持っているのが米菓で、 花御供(はなくそ)の由来となっています。
涅槃会2020純陀.jpg
↓お供えされた『 花御供(はなくそ)』 しょうゆあられのお菓子でおいしいですよ わーい(嬉しい顔)
涅槃会A.jpg
 『 花御供(はなくそ)』は、昭和23年の開園当初からあり、初めはお正月のお鏡餅を細かく切り、手間暇かけて煎ったものを配っていたそうです。わずかばかりのという意味もあるので、おそらく「 花供粗 」と書くのが正しいのでしょう。字の美しさから「 花御供 」と書き換えられたようです。卒園された方にとっては懐かしく思い出の一品ですね。


posted by teranouchi at 00:00| Comment(0) | 日記