2021年06月06日

菩提樹(ぼだいじゅ)の花

 ジャングルジムの近くを通ると、清々しい香りに包まれる。その香りをたどると当園のシンボルツリー『菩提樹』からだった。見上げると淡い黄色の花が満開。
菩提樹@.jpg
今から2600年ほど昔。インドでお釈迦様がお悟りになられた時に瞑想されていた木。(インドの気候とは大きく違うため現地生息の品種とは異なる。)
菩提樹A.jpg
葉の裏側から茎をのばし花を咲かせる珍しい品種。つぼみの時は飾りのようでかわいらしい。↓
菩提樹D.jpg
開花した状態。↓
菩提樹B.jpg
普段は素通りしている方も、よかったら一度足をとめて、「花の色・香り・付き方」など観察してみてはいかがでしょう?
菩提樹C.jpg
父母の会の通称「Tilia(ティリア)」は、菩提樹のラテン語名です。『てらのうち温故知新S(49頁)』

posted by teranouchi at 23:48| Comment(0) | 日記