2022年03月01日

『おしゃかさまの絵』

 おおきい組さんは卒園間近になるといろいろな制作に取りかかります。その一つに『おしゃかさまの絵』を描く日があります。3年間毎朝お参りしてみんなを見守ってくださったお釈迦様。ありがとうの気持ちを込めて、わりばしの先を削った筆と黒色ポスターカラーで凹凸のある紙いっぱいに描いていきます。毎日通っているのにじっくり見たのは初めてかも・・・どんなお顔だったかな?最初は固まっていた園児も描き始めるとどんどん筆が走ります。
おしゃかさまの絵@.jpg
見本となるお釈迦様の写真をじっくり見ながら、慎重に・・・
おしゃかさまの絵A.jpg
緊張した時間、なかなか集中できていたね。一人ひとりの心の中が手に取るようにわかる個性あふれた「宇宙に一つだけのおしゃかさまの絵」が描けましたぴかぴか(新しい)
posted by teranouchi at 00:00| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
わが子の描いたおしゃかさまの絵、今家に飾られました。
「へぇ〜この子はこんな気持ちで園生活を送っていたんだな」そのお顔を見て、わが子の心が覗けた気がし、母は心がほぐれました。

三兄弟が描いたおしゃかさまが3つ並ぶと、それはそれは誠に有り難い光景です。三者三様、いいお顔。
毎朝子に習って手を合わせ、一日一日を丁寧に生きていきたいと思います。
Posted by fan-fun at 2022年03月17日 22:08
 同じお釈迦様を見て描いても、それぞれ個性のある絵になるようです。不思議ですね。まさに、金子みすゞさんの「みんな違って、みんないい」
 また、如実に性格が絵に表れているように思えます。じっくり眺めてみてくださいね。

 3人のお子様を当園にお預け頂き有難うございました。三者三様の絵を眺められるのは親御さんだけの特権ですね。機会があれば3つ並べてあるのを拝見したいです。
Posted by 園長 at 2022年03月28日 16:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: