2020年03月17日

卒園式

 新型コロナウイルス感染症が心配でしたが、無事卒園式を終えられました。
天気も良く気温も高かったので、扉や窓を開放して行いました。晴れ
時間も短縮して、食事もなくし、例年とは違う形となりましたが、楽しい卒園式になって良かったです。
卒園式2019.jpg
新しい世界に向かって大きく羽ばたいてほしいと心から願っています。卒園おめでとうexclamation×2
卒園式2019A.jpg
posted by teranouchi at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年03月06日

劇あそび

新型コロナウイルスの影響もあり、劇あそびを発表できるか心配でしたが、どの学年も無事上手にできましたわーい(嬉しい顔)
劇あそび2019長.jpg
↑年長児『やまんば山とまゆと仲間たち』
劇あそび2019中.jpg
↑年中児『とってもおいしいくるくるまわるおすしやさん』
劇あそび2019少.jpg
↑年少児『どんなよごれもぴっかぴか』
posted by teranouchi at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年02月05日

仏教行事 『 涅槃会(ねはんえ) 』

今日はお釈迦様がお亡くなりになった日に行う涅槃会(ねはんえ)を少し早めに行いました。(本当は2月15日が涅槃会です。)
↓涅槃図
涅槃会2019-1.jpg
↓手を合わせ、背筋を伸ばして、「おねはんえのうた」を歌っています。
涅槃会2020-1.jpg
涅槃図を前に全園児でお参り・お焼香をした後、お供養として一人ずつに「 花御供(はなくそ) 」が手渡されます。
↓涅槃図の中に描かれている「純陀長者」が持っているのが米菓で、 花御供(はなくそ)の由来となっています。
涅槃会2020純陀.jpg
↓お供えされた『 花御供(はなくそ)』 しょうゆあられのお菓子でおいしいですよ わーい(嬉しい顔)
涅槃会A.jpg
 『 花御供(はなくそ)』は、昭和23年の開園当初からあり、初めはお正月のお鏡餅を細かく切り、手間暇かけて煎ったものを配っていたそうです。わずかばかりのという意味もあるので、おそらく「 花供粗 」と書くのが正しいのでしょう。字の美しさから「 花御供 」と書き換えられたようです。卒園された方にとっては懐かしく思い出の一品ですね。


posted by teranouchi at 00:00| Comment(0) | 日記