2021年06月19日

園庭の砂入れ

 毎年この時期に園庭に砂を4トン入れてもらいます。前日にツリーハウスのすべり台をはずしておいて、そこへ業者さんに2トントラックで2回に分けて運び入れてもらいます。
砂入れ2021@.jpg
園庭すべてが砂場なので、雨が降ることで流れたり、硬くなったり、子ども達が知らず知らずのうちに少しずつポケットや靴の中に入って持って帰ったりするので、毎年入れる必要があるのです。
砂入れ2021A.jpg
また、この時期に入れる理由としては、もうすぐ水遊びが始まるので、当園名物「ウォータースライダー」の滑走コースのクッション性を高めるためでもあるのです。おなかで滑る子どもたちのためにふかふかにしておきます。
砂入れ2021B.jpg
来週の水曜日にプール設営予定ですが、まずは月曜日火曜日にダイナミックな砂遊びから始まりそうですわーい(嬉しい顔)
posted by teranouchi at 11:38| Comment(5) | 日記

2021年06月17日

ぶどう2021

 東門を入るとすぐ上にぶどうの葉っぱが生い茂っています。
ぶどう2021@.jpg
葉っぱの表面積が大きく夏場は日陰を作ってくれるので、ジャングルジムのあたりは涼しくて助かっています。
ぶどう2021A.jpg
ぶどうの実はまだまだ緑ですが、日に日に大きくなってぶら下がっていますよ。どこにあるかわかるかな?
ぶどう2021B.jpg
↓もうすぐ色が紫に変わっていく「ベリーA」:種あり
ぶどう2021C.jpg
色が変わると鳥などがやってくるので、ネットをかけなければいけません。
ぶどう2021D.jpg
↓こちらはまだまだ小ぶりの「ネオマスカット」:種あり
ぶどう2021E.jpg
食べられるのは夏休みの農園デーから9月いっぱいくらいのたっぷり2か月間。まずは「ベリーA」から食べごろに。今年も楽しみだね〜ぴかぴか(新しい)



posted by teranouchi at 12:07| Comment(2) | 日記

2021年06月06日

菩提樹(ぼだいじゅ)の花

 ジャングルジムの近くを通ると、清々しい香りに包まれる。その香りをたどると当園のシンボルツリー『菩提樹』からだった。見上げると淡い黄色の花が満開。
菩提樹@.jpg
今から2600年ほど昔。インドでお釈迦様がお悟りになられた時に瞑想されていた木。(インドの気候とは大きく違うため現地生息の品種とは異なる。)
菩提樹A.jpg
葉の裏側から茎をのばし花を咲かせる珍しい品種。つぼみの時は飾りのようでかわいらしい。↓
菩提樹D.jpg
開花した状態。↓
菩提樹B.jpg
普段は素通りしている方も、よかったら一度足をとめて、「花の色・香り・付き方」など観察してみてはいかがでしょう?
菩提樹C.jpg
父母の会の通称「Tilia(ティリア)」は、菩提樹のラテン語名です。『てらのうち温故知新S(49頁)』

posted by teranouchi at 23:48| Comment(0) | 日記